スケートリンク 守口《閉鎖&閉館》ビバスケート営業終了後の状況

大阪近郊のフィギュアスケート選手・ホッケー選手の練習場でもあった
アイススケート場 守口vivaスケート営業を終了後の状況です。

・京阪 守口市駅
・大阪メトロ 谷町線 守口駅

が最寄りだったスケートリンクが閉鎖しました。

平成29年3月末にて営業終了
現在は解体工事が進み、更地になっています。

30年の歴史があり、老朽化も進んでいたことと
政府の方針を受けて決定したことだそう。

 
 

守口 スケート場 閉鎖理由について

以下、引用。

都市再生機構西日本支社は、大阪府守口市の淀川河川公園で設置・管理しているアイススケート場「守口スポーツプラザ ビバスケート」の営業を2017年3月31日で終える。独立行政法人の事務・事業を見直す政府の方針を受けて、2018年度までに国営公園での公園施設の設置・管理業務を完了することが求められていた。施設の老朽化が進んでいることから、営業を終了する。

「守口スポーツプラザ ビバスケート」は1987年に住宅・都市整備公団(現都市再生機構)が整備し、06年からは通年型スケート場として営業していた。施設はRC造3階建てで、26㍍×56㍍のアイススケートリンクのほか、軽食堂や売店などが入っている。14年の年間利用者数は9万2000人。所在地は守口市外島町4-18。

株式会社建設ニュースが運営している不動産・建設の総合メディア
『建設ニュース』より。

 
 

守口ビバスケート 閉鎖後の状況(2019年5月)

すっかり更地になっています。
敷地は、フェンス等で囲まれて、内部には入れない状態です。

この後は、近くの淀川河川公園 都市計画決定区域に含まれ
開発計画が進められていく模様です。

守口スポーツプラザ、
夏はプール、冬はスケートの半期ずつの営業から
通年スケートリンクとして営業という経緯を経て、閉鎖となりました。

30年間営業されていたそうですが、建物の老朽化に対して、メンテが出来なかった模様。
大阪市内には、他にも通年リンクがあるため、集客も厳しかったのかと。

浅田元選手らの活躍で、スケートに注目が集まっているとはいえ、
リンク整備や管理には、経済的な負担の大きさは、避けて通れない課題ですね。