確定申告《e-tax》のススメ。自宅のパソコン・スマホから申告するため手順方法&必要なもの

 毎年2月・3月は、確定申告の季節です。
すでに申告を済まされた方、お疲れ様です。
これからの方、期限がありますので頑張りましょう。

 さて、これから確定申告をされる方のために、
個人の経験を元に、手順をまとめてみました。
あくまで《納税は国民の義務》
自己責任の元に申告いただくわけですが、
ある程度の目安にしていただけば幸いと思います。

 

こんな人向けに書いています

 主に、給与(年金)所得の(副業をされていない)方で、

・年末調整を受けられてない方
・年末調整は受けたけど、医療費控除の申告をする方
・(年末調整に関わらず)寄付金控除(ふるさと納税含む)の申告をする方
※ワンストップ納税は除く
・年末調整は受けたけど、会社に提出忘れの控除書類があった方

などです。
 収入が《給与(年金)所得》のみの方は、
比較的簡単に入力できる専用のページが用意されています。
期間中、申告会場は混み合う場合がありますので、
ご自宅からの申告をチャレンジしてみてください。

 

《確定申告の方法》

 確定申告をするには、いくつかの方法があります。

・申告会場で電子申告or書面作成申告
・手書き申告書を作成、持参or郵送
・自宅のパソコンorスマホなどで電子申告
・税理士さんへおまかせ(有料/お金で解決)

 一番楽で簡単なのは、『税理士さんへおまかせ』ですが、
費用が掛からないのは、自分ですることです。
税に関することの知識を身に着けるという意味でも
ご自身でされるのは、金銭面以上に得られるものがあるのではないでしょうか?

 では、電子申告をする前に、必要な準備についてです。

 

1.ID・パスワード方式の届け出(&入手)をする

 顔写真付の身分証明書を携帯の上、お近くの税務署行ってください。
住所・氏名・生年月日など、必要事項をパソコンで入力し、
ご自身で暗証番号(英数字合わせて8文字以上)を設定し
所員による《本人確認》の上、届出を完了させます。

※本人確認が必要になりますので、原則、代理の方の届出はできません。
(特例として認めてもらえないか?などの疑問は、直接税務署へお問い合わせを)

 

2.申告に必要な書類を集める

 何事も、書類に基づいて、申告されるようご準備ください。
必要書類は大まかに、《収入に関するもの》と、《控除に必要な支払明細》などです。
会社などから給与や報酬を受け取った場合、【源泉徴収票】が発行されるので、
それらが手元にあるか確認ください。無い場合は、会社へお問い合わせください。

※源泉徴収票は、なくても申告できますが、
事前に1年間の合計金額などを計算する必要があり、少し手間です。
また、計算ミスを防止する意味でも、出来る限り入手されてください。

 
《収入に関するもの》
・源泉徴収票(給与・報酬・公的年金)
・支払明細書(源泉徴収票がない場合)

 
《控除に関するもの》
・(天引き以外の)社会保険料支払い明細
・生命保険の支払明細
・1年間に支払った医療費の明細
・寄付した支払明細書
※寄付に関しては、合計金額が2,000円以下の場合、控除額に到達しません。

 

3.国税庁のホームページからID・パスワード方式にて作成開始する

 グーグル検索などを使い、
《国税庁 確定申告》→《所得税の確定申告》→《確定申告の作成等はこちら》
より作成開始ください。

《作成開始》→《e-Taxで提出 ID・パスワード方式》→《利用規約に同意して次へ》
で作成を進めてください。

※ID・パスワードを入手されてない方は、
《印刷して提出》から作成可能ですが、
その場合、印刷できるプリンター等が必要になることと、
印刷した申告書を所定の税務署へ持参、または郵送する必要があること、
控除の内容によっては、該当書類を《原本提出》する必要がある場合があります。
(詳しくは、別途税務署へお問合せください)

 ちなみに、
確定申告とは、1年分(1月1日から12月31日まで)を
翌年の申告期間(2月中旬~3月中旬)にするものですが、
還付申告に関しては、期間を遡って申告することもできます。
ただし、遡れるのは、5年までです。
2020年(12月31日まで)に申告できる最大過去は、平成27年分です。

 
 ではでは、
《確定申告するため手順方法&必要なもの》としては以上です。
期限を守って正しくご申告を。